ダウンタイムについて

女性

短期間のダウンタイム

小顔になる方法として人気のヒアルロン酸注入やボトックス注射は、注射のみで全ての施術が完了するのでメスを使用しません。施術後には、注射した部分に小さな腫れが起きたり、内出血を引き起こす場合もあります。この場合には2日~1週間ほどのダウンタイムが必要になります。注射痕なので傷は目立たないものが多く、腫れも蚊に刺された程度の小さなものです。また、内出血はメイクなどで隠すことができますので、ダウンタイムが必要になっても日常生活に支障がでるほどの大きな症状はとくに起こりません。さらに、ダウンタイムには個人差があり、人によってはダウンタイムが必要ないこともあります。このようなことから、ヒアルロン酸やボトックス注入は小顔になる方法としてとても人気な施術です。

長期間のダウンタイム

脂肪吸引では皮膚に穴をあけ、脂肪を吸引するための管「カニューレ」を挿入します。脂肪吸引は脂肪を取り除く施術なので、即効性があり確実に小顔になる方法です。しかし、どうしても組織にダメージを与えてしまう施術になるのでダウンタイムが必要になります。ダウンタイムには個人差が生じますが、腫れやむくみ、痛みや内出血などの症状が2~3週間続きます。カニューレを挿入するための穴は、注射痕とは違いますが、目立たないところに開けられるのがほどんどです。また、腫れやむくみを抑えるためのアフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶと、ダウンタイムを短くすることに繋がります。ダウンタイムがいらない施術で小顔になる方法もありますが、脂肪吸引は効果がすぐに現れてくれます。